前へ
次へ

スクワットで腰痛にならないためにも準備体操を

下半身の筋肉をスペースをとることなく、自宅でも鍛えることのできるスクワットですが、誤ったやり方で続けると腰を痛めてしまいます。掘り下げて言うとスクワットが引き金で腰痛になるのは、実は筋肉が問題ではありません。最も大きく負荷がかかる、腰回りに存在する関節へのダメージが原因です。正しいフォームを理解しないままでスクワットをすると、背中のほうに体全体が反ってしまったり、腰が曲がるなどして腰関節に強いダメージを与えてしまいます。必要以上に関節のところに負荷を与えてしまう原因として、体幹のアンバランスも無視はできません。特に初心者は正しい姿勢で筋トレをすることが大前提であり、スクワットをする前にはこわばった体を良くほぐしてから行うことです。硬い関節や筋肉の状態で運動をすりと、肉離れを起こしたり関節にダメージを与えることになります。簡単な腰痛効果のあるストレッチを準備体操として行っておくのも良い方法です。

Page Top